インテリアデザイナー大木道子のWORKS
インテリアトピックスを紹介します
<< HAYの楽しさ|コペンハーゲン | main | コペンハーゲン|デザインホテル(2) >>
北欧照明のエレガントさ |コペンハーゲン

 

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

北欧デザインで大事な要素”照明器具”

デンマークの2大ブランド

「ルイスポールセン 」「レクリント」の

ショールームに行ってきました

 

画像:ルイスポールセン入口

 

 

ルイスポールセンは、ショールーム兼オフィスとなっていて

各階をつなぐ階段と踊り場が展示スペースとなっています

吹抜け空間に「PHアーティチョーク」が沢山吊ってあります(わぉ!)

 

 

 

全ての商品が見れるとガイドブックにありましたが

確かに全サイズ、素材があるんじゃないかしら

 

この北欧デザイン視察で、出会ったルイスポールセンの一部を紹介

 

画像:ホテルロビーのカウンター上

 

画像:デンマーク・デザインミュージアム入口

 

街灯として壁付け照明にされている建物も多く、主張しすぎない

さりげなくて、でもエレガントで。やっぱり好きだなと思いました

 

 

続いて、レクリントです

私は比較的、ルイスポールセンを提案することが多かったのですが

今回の視察旅でレクリントのエレガントさにも気づきました

 

画像:レクリント入口

 

 

ペンダント照明の新商品「LAMELLA」も見ることができました

そして手前(右)にあるテーブルスタンド「SNOWDROP」は

新色のアンスラサイトグレーです

 

 

こちらも新商品だそうです「ARC」

初めて見るそのデザインは、ユニークだけどエレガントさも感じました

 

新素材としてシェード(傘)がペーパーのシリーズもあったりと

簡単な英語を選んでくれたスタッフの方に説明をもらえて

ホクホクでショールームを後にします

 

レクリントも町に溶けこんでいます…

 

画像:ホテル階段吹抜けにブラケット照明

 

画像:1人掛けソファ側にテーブルランプ

 

日本のルイスポールセンが開催するセミナーには

何度か参加して、北欧の光に対する考え方については聞いていました

そのセミナーで見ていた画像、聞いていた情報は置いておき

実際私が感じたことを言葉にすると何になるかな…と

帰りの飛行機で想いを巡らしてみようと思っています

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 17:24 | comments(0) | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
PROFILE
インテリアコース
WEB SHOP nunoof
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT