インテリアデザイナー大木道子のWORKS
インテリアトピックスを紹介します
<< 懐かしさを覚える|珈琲時間の話 | main | 【ベット・デスクスペース編】防寒とインテリアのスタイルアップを考える >>
防寒とインテリアのスタイルアップを考える

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

秋が大好きな私

昨晩は、瀬戸からのお土産「大きな栗」をほおばっていました

栗そのものも好物ですが、この時期の栗の和菓子も美味ですよね〜

 

さて、秋は短く冬が長く感じるのも、私だけではないかと思いますが

ご自宅が冬場、寒さでリラックスできないお悩みを解決した

プチリフォーム+造作家具+窓・間仕切り計画を紹介します

 

 

お客様の間取りは、1階がLDKと玄関

2階が寝室とクローゼット、洗面と浴室となっています

1階から吹き抜けの階段があり、2階にあがれますが

ここから冷たい風もあがってしまうという…

さらに、1階で暖めた熱もすぐに吹き抜けの方に流れてしまうので

家全体が暖まることはないのだそうです

 

 

コンクリート造の建物ということと、お客様がお仕事で多忙なため

部屋にいる時間が短く、じっくり家を暖める時間が取れないということも

要因であると思いますが…私も昨年2月に訪問した際に、その寒さを実感しました

 

 

まず優先したのは、寝室の寒さ対策です

吹き抜け階段からの冷気をシャットダウンするために

間仕切りカーテンを間口いっぱいに作っています

裏表で違う生地を使い、カーテン生地は床よりも長くブレイクさせ

断熱性をアップさせています

 

 

お客様の要望の中には

「こもって本を読みたい」「明るい(照明や採光)のが苦手」もありました

2階の寝室の造作家具は、たくさんのアイディアが入っていますが

画像上は読書スペースとして1m角のシートクッションを製作したことで

足を伸ばして座ったり、横になって本を読むなど、体勢を変えることができます

 

 

シートクッションも裏表違う生地で作っています

この時期は深いブルーで使い、春夏などはオフホワイトの面にするなども楽しいですよね

 

お客様からは「この読書スペースから動きたくないです」と言って頂けました

多忙な生活を送られているからこそ

プライベートな空間は自分仕様に合わせていくことが大事

沢山の市販されたモノで合わせるのではなく

空間を自分に近づけていく感覚でしょうか…

 

本日の読書スペースのほか、造作家具のベッドスペース・デスクスペースも紹介したい!

また次回にアップします、お楽しみに〜

 

 

 

 

夏・冬とも暮らしやすい+おしゃれな部屋を考えたい

インテリアの悩みを、プロに聞いてみませんか?

大木のオフィスは、上野駅から徒歩2分です

 

 

初回相談会(60分無料)まずはお気軽にご予約下さい

ご予約はコチラ★★

 

インテリア 無料相談


プロフィール写真(大木道子).jpg   
プロフィール》インテリアデザイナー大木道子


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!
 


ブログランキングに参加しています
クリックして頂くと順位があがるしくみです↓
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

JUGEMテーマ:インテリアコーディネート

(今回紹介した物件は、家デザインプロデュースです)

 

 

| works/インテリア事例 | 13:30 | comments(1) | -
コメント
ぜひ続けていってくださいね!
| recycleproshop | 2016/11/29 10:47 PM |
コメントする









SELECTED ENTRIES
PROFILE
インテリアコース
WEB SHOP nunoof
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT