インテリアデザイナー大木道子のWORKS
インテリアトピックスを紹介します
<< 玄関編|インテリア小物でスタイルアップさせるコツ | main | リビング編|インテリア小物でスタイルアップさせるコツ >>
ダイニング編|インテリア小物でスタイルアップさせるコツ

こんにちは
インテリアデザイナーの大木です

連続でアップしています
部屋のフォーカルポイントの作り方

予算は最小限・効果は最大のスタイルアップ術
和紙を使ったアートの紹介
http://michikoohki.jugem.jp/?eid=215

玄関・廊下もインテリアにこだわりたい!
ガラスモザイクタイルの紹介
http://michikoohki.jugem.jp/?eid=217

インテリア小物でスタイルアップさせるコツ(玄関編)
http://michikoohki.jugem.jp/?eid=219

本日は
新築マンションに住むご夫婦の部屋を
インテリア小物でスタイルアップさせるコツ(ダイニング編)です

 


画像上は、ダイニングルームの撮影風景です
実際に住んでいるマンションの1室を使い
インテリアスタイリングをしましたハート


フォーカルポイントにした
「ブルーの和紙」に合わせて選んだのが

1)フロアスタンド
2)サイドテーブル
3)テーブルセット(ランチョンマット・皿など)
4)植物      です

 




1)フロアスタンド

ポイントは
部屋の角に設置し
「黒」色の高さがある照明を
選んだこと


手持ちのダイニングセットは
お部屋の中で
テーブル天板の「白」と
4脚の椅子の「黒」の固まりに
強すぎる印象がありました

家具と部屋の雰囲気をつなげるために
高さがあるシェード(傘)のボリュームで
「黒」を分散して印象を変えています

 
DSCF2273.JPG



2)サイドテーブル
4)植物  

部屋の角は
インテリア演出しやすい場所です

画像上のように、窓レースからの光が
葉っぱに落ちると
部屋に柔らかさを作ることができます

フロアスタンド(照明)の下に
サイドテーブルを置いて
思い出の品などを飾ってみてはどうでしょうか

高さやデザイン、素材違いで
部屋の角に固まりで見せるのが
センスをよく見せるテクニックです

予算の関係で、ほとんどIKEAで購入しましたが
(フォトフレームだけ私物)
部屋全体のコーディネートバランスで
選んだIKEA商品は、部屋に馴染んでいませんか?


 



3)テーブルセット(ランチョンマット・皿など)

このダイニングルームで
最初に目に止まってほしい
「フォーカルポイント」は
ブルーの和紙です

そのブルーの和紙を引き立てる
名脇役として、色も淡く
テーブル上の皿や
ランチョンマットがあります

あっちもこっちも
色で目立たせるのではなく
どのアイテムを見せたいのか
それを最後まで貫くことが大事

 



撮影はスムーズに
和やかに進んでいきましたよ


次回のブログは「リビング編」です
お楽しみに〜♪



個人邸のインテリア相談を多く受けてきた私・・・

ダイニングルームは
引越し時に購入したダイニングセットを置いただけ
日々の忙しさで
テーブル周りに小物が散乱している


そんなお悩みをよく聞きます

家族や知人が集まるダイニングルームは
少し工夫をするだけで
「すっきり」と「スタイルアップ」ができ
毎日が楽しくなります!!


 
インテリアデザイナー大木が
あなたの部屋をスタイルアップさせる
家具・小物などを
インテリアSHOPで 一緒に選びます

大木のプロフィール》★★★
プロフィール写真(大木道子).jpg

ご興味ある方はコチラ↓ご質問もお気軽にください
 

新コースのご紹介
『(女性限定/毎月2名様)短期集中インテリアコンサルティング』



ー5月募集はあと1名様ですー

『今の部屋が落ち着かない』
『家具と小物の配置に迷走中』
そんなあなたに、マンツーマンでアドバイスします
インテリアSHOP同行も入ったコースです

オフィス移転キャンペーン
3回コンサルティング
50.000円
39.000円(税込)

詳しくは公式HPで確認下さい》コチラ!!
 

 
 ここまで読んでくださり、ありがとうございました!
 

ブログランキングに参加しています
画像をクリックして頂くと順位があがるしくみです
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ

JUGEMテーマ:インテリアコーディネート
| works/インテリア事例 | 07:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
PROFILE
インテリアコース
WEB SHOP nunoof
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT