インテリアデザイナー大木道子のWORKS
インテリアトピックスを紹介します
<< 安藤忠雄設計「水の教会」を見学する | main | 照明は見て触って体感して選ぼう|コイズミ照明 >>
北海道の森とランドスケープデザイン

千年の森 北海道

 

皆さま、こんにちは

インテリアデザイナー大木道子です

 

突然ですが、NHKの朝ドラ「なつぞら」見ていますか?

私は毎日録画しており、寝る前に15分貴重なリラックスタイムとなっています

主人公の「なつ」が育った地は、十勝

今日はドラマに出てくるような、広大な大地をデザインした森をご案内します

 

千年の森 北海道

 

今回の旅は、ここに行くために企画したと、言ってもいい「十勝千年の森」

ランドスケープデザイナーの夫が前々から「是非見たい」と言ってました

 

そもそも、ランドスケープデザインってなあに?ですよね

辞書で調べると…

外部空間の設計。造園。人間の知覚を前提とするランドスケープ(風景、景観、眺め)を造作物と一体的に構想し、自然環境と人間の良好な関係構築を目指す行為。

とあります

 

この森は、 高野ランドスケープの高野文彰氏と

英国のガーデン設計家ダン・ピアソン氏がデザインしています

敷地内のパネルに図面とコンセプトが説明されていました

 

千年の森 北海道

 

千年の森 北海道

 

「アースガーデン/大地の庭」

日高山脈にイマジネーションを喚起されたガーデンデザイナー ダン・ビアソンが人々を広大な大地に導き入れ、自然とのつながりを感じてもらおうとデザインしました

もともと平坦だった5ヘクタールの大地に波打つ大小13の芝の丘は、その配置、高さ、勾配を綿密に計算し、20分の1の模型を使って光が創り出す丘の陰影まで確認しながら設計されました

アースガーデンには、ふたつの表情があります。レストランを背に立つと、目の前に広がるのは日高山脈と一体となる雄大な風景。散策する人が丘の陰に消えては、また現れるといった視覚効果が楽しめます

反対側から見ると、丘ののり面の長いグラスが風になびき、太陽の光が芝の大地をキャンバスに陰影を描いて刻一刻と表情を変える風景を目にすることができます

人が自然の一部になる風景と、遊び心に満ちた空間を演出しています

 

 

千年の森 北海道

 

英国ガーデンデザイナーズ教会が主催するSGD Awards 2012で

「Grand Award大賞」「International Award国際賞」を受賞

 

森というだけあって、結構歩きますが、疲れないのは自然の中にいるからでしょうね

 

千年の森 北海道

千年の森 北海道

 

私は20年以上、夫についてランドスケープデザインを見ています

そして実父も都市計画の仕事をしていましたので、見てる量はなかなかのものです

でも「十勝千年の森」を今回歩き、夫がデザインしている世界は”奥深すぎで面白い”だろうなと感じました

 

HP>>十勝千年の森

 

千年の森 北海道

 

私たちの会社は、もうすぐ4年目に入ります

ランドスケープデザインを夫が、インテリアを私が担当する仕事が増えてきました

もっともっと、インテリアデザインの力をつけていきたい

インテリアの世界も面白いですよ〜、奥深い、奥深いぞ〜

 

って書いている本日も、新しい案件の相談が入ってきました

ありがとうございます!!

 

 

本日もご訪問ありがとうございました


 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです
 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 17:43 | comments(0) | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
PROFILE
インテリアコース
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT