インテリアデザイナー大木道子のWORKS
インテリアトピックスを紹介します
<< 本店に行く「北の住まい設計社|北海道東川町」 | main | 北海道の森とランドスケープデザイン >>
安藤忠雄設計「水の教会」を見学する

世田谷 インテリア

 

皆さま、こんにちは

インテリアデザイナー大木道子です

本日も旅話をします

 

雨の北海道は

安藤忠雄氏の設計した「水の教会」

水面の変化が美しかった!!

かなり心つかまれました

 

世田谷 インテリア

 

星野リゾート トマム 内にある、この教会

調べてみると30年近く経っていました

 

安藤さんと言えば、コンクリート打ち放しです

教会の入口まで、森の中にある高い塀周りを歩いていきます

この見えないドキドキ感がたまりません

 

世田谷 インテリア

世田谷 インテリア

 

教会のシンボルである十字架は、建物に入る四方に建っています

コンクリート造ならではの、ダイナミックさにワクワク

 

世田谷 インテリア

 

中に入ると水面の中央に十字架があるのですが

バージンロードを歩くと、画像上↑のように窓枠と重なります

この緊張感がいいですよね〜

 

世田谷 インテリア

 

見学は事前登録などいらず(2019年6月現在は)、多くの方がいました

注目したいのは、教会内の照明の少なさです

天井にはひとつも照明がなく、コンクリート仕上げがドーン!!かっこいい〜

 

世田谷 インテリア

 

ベンチも使い込んであり、とっても良い風合いになっていました

シンプルだけど、エレガントなデザインですよね

 

教会内部のコンクリート壁・天井と床はタイル、そして木のベンチ

内装材が一緒に年を重ねてきた風合いを見れたのも、来た甲斐ありました

(HPや画像検索では、感じ取れない素材感です)

 

そして、画像下↓の2枚の間違い探し…なんでしょうか?笑

 

世田谷 インテリア

世田谷 インテリア

 

答えは…

教会のガラス扉(15m☓5mだそうです)がスライドしています

 

スタッフさんに聞いたところ、挙式では最初に扉を閉めてスタート

途中でスライドさせて、教会内と水面を一体化させる演出をしているそうです

 

ここで式をあげるなら、ドレスは上質なシルクとシンプルなデザインでしょうか…

結婚するお2人だけであげる方もいるんだとか、素敵ですね

 

世田谷 インテリア

 

入った時は雨でしたが、帰りは雨がやんできました

夫は「改めて、この時代(30年前)の安藤さんの作品を見て回りたくなった」と言っていました

私も同感で、久しぶりに「建築の力」ってやつをガツンと受けた日になりました

 

見学について>>https://tomamu-wedding.com/waterchapel/visit/

 

 

本日もご訪問ありがとうございました


 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです
 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 11:47 | comments(0) | -
コメント
コメントする









SELECTED ENTRIES
PROFILE
インテリアコース
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT