インテリアデザイナー大木道子のWORKS
インテリアトピックスを紹介します
3日通ったインテリアショップ|コペンハーゲン

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

(今さらですが…)2018北欧デザイン視察旅の目的は、大きく4つ

・名作建築に触れる

・アーバンデザイン視察

・インテリアのトレンド視察

・アートに触れる(美術館、博物館)

インテリアだけじゃないのは、国内外どこに行ってもなのですが…

 

 

ここのインテリア商品は品揃えがすごかった!

コペンハーゲンにある「イルムス・ボーリフス」

 

これから北欧旅を予定している方で

じっくり見る時間が取れない方は、ここに行けばいいと思います

北欧デザイン中心に、小物も家具も照明も主要なブランドは見れました

私は4日間の滞在中、1〜2時間程度で3日間通ってしまい

各階の隅々まで堪能してきました

 

 

 

そんな私が1番いいなと思ったのが3階

ベッドカバー、スロー、ラグ、クッションの売り場です

特にベッドカバーの種類が豊富で

こういうショップが東京にあったらいいのに。と強く思いました

 

 

(北欧の方の睡眠時間は長いと聞いたことがあります)

ベッド周りのリネンには、特に気を使うお国柄なんでしょう

どの素材も触って分かる高級感があります

 

そしてカラーバリエーションも豊富なのが

コーディネートする側からすると嬉しい

 

と、いうことで金額もよかったのですが

今後のインテリア撮影用に買って帰りました

 

ベビーアルパカのカバーです(すりすりっ)

ベーシックなカラーと織りは

どんなインテリアスタイルにも合わせやすそう ♪

 

 

あなたはどうですか?

身体と心が安らぐ、寝室で休めてますか?

 

ドキッとした方もいるかもしれません…

 

しかし人生の1/3はベットの上で過ごす私たち

北欧旅で、部屋の設えだけでなく、ライフスタイルも含めて

上質な眠りについて、改めて考えさせられた私です

 

 

●北欧インテリアの色使いを取り入れたい方

●今の家具を活かして北欧スタイルに近づけたい方

●とにかく、北欧デザインが好き!という方

リフォーム・模様替えなどのご依頼お待ちしております

 

↓ブルーをぽちっ!で、無料相談会の申込みができます

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 00:10 | comments(0) | -
北欧12日間で食べたもの

 

画像:ヘルシンキの市場でサーモンスープを

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

本日のブログは、北欧3カ国のデザイン視察旅で

何を食べたかですが…

 

画像:ヘルシンキのディナーでもサーモンを

 

画像:ランチはサラダときのこオムレツの日も

 

サラダ+αと白ワインばかりでした!

ヘルシーな食事の画像ばかりですが…ウソではありません笑

日本にいる時よりも、身体に良いもの食べていた気がします

 

画像:ホテルの朝食はバイキング

 

朝はそれほど食べず、昼と夜にかけてボリュームアップし

時間をかけておしゃべりと食事を楽しむ

北欧の皆さんと同じようにしたいけど

長旅を考えて、体調を整えることが優先

 

画像:1杯ワインでおしゃべりする人たちが多い

 

画像:オーガニックにこだわるお店も多かった

 

っていうのは、本当でなく(笑)

公私共に24時間一緒にいる夫と2人

2時間30分以上のコースとか何しゃべっるんですか笑

「こういう時に、思い出話しとかするんだろうね…ハハハ、しないな」

 


ボリュームがあるように見えても

野菜や豆が多くペロリといけます

 

 

画像上が、「オープンサンド」

酸味のあるパンに、サーモンやエビや野菜などをのせて

フォークナイフで頂きます

具材パターンは色々あって、選ぶのも楽しいサンドです

 

 

ワールドカップが始まると、夜はホテルの部屋食でテレビ観戦!

レストランやテイクアウトしたパックは

サラダの味付けも、どれも美味しかったし、野菜は新鮮でした

 

おかげで体調整って帰国できそう

メール環境もばっちりだったので、仕事の連絡もしながらの旅でした

「本当ありがたいな〜」と時差7時間の地から感謝でいっぱいです

良質なデザインを沢山インプットしたので

「早く仕事がしたい!」とウズウズしています♪

 

●北欧インテリアの色使いを取り入れたい方

●今の家具を活かして北欧スタイルに近づけたい方

●とにかく、北欧デザインが好き!という方

リフォーム・模様替えなどのご依頼お待ちしております

 

↓ブルーをぽちっ!で、無料相談会の申込みができますよ

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 22:27 | comments(0) | -
北欧シティバイクで苦戦する

画像:コペンハーゲンの自転車専用道

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

北欧3ヶ国旅のうち

デンマーク・コペンハーゲンとスウェーデン・ストックホルムは

シティバイク(レンタサイクル)しました

 

画像:ホテル前から自転車に乗るところ(苦笑)

 

 

でも私、自転車が人より苦手なよう(ブレーキがちょっとね)

毎日自転車が変わる度に、広い所で練習。最初はヨタヨタ

最後までスマートにとはいかなかったのが本当のところです…苦笑

 

 

特にコペンハーゲンは、自転車道が広く走りやすいのですが

通勤時間の自転車の多さとスピードがすごい!

 

画像:自転車は「手信号」が当たり前

 

画像:ストックホルムのサイクルステーション

 

しかし、次にまたこの地に来るとしてもシティバイクを借りるだろう

それくらい町を回るには適していました

 

画像:ストックホルムの美しい港を眺めながら走ります

 

3ヶ国とも天気に恵まれて、カラッとした日射しの中

お尻が痛いなと思ったら7時間乗っていた日もあったくらいです

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 00:00 | comments(0) | -
コペンハーゲン|デザインホテル(2)

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

コペンハーゲンは4日間の滞在で2つのホテルを取りました

名作家具に囲まれてステイできるホテルもいいけど

>> 「ホテル アレキサンドラ」 について書いてます

今の北欧デザインを感じられるホテルも泊まってみたかった

 

スーツケースをまとめて、徒歩7分。石畳の町をガラガラ移動します

日本でチェックした「ホテル デンマーク」はベッド周りが面白そう

 

 

実際、部屋中央にパイプ組みした枠に

ベッドと収納、照明がセットされているのが面白かった

 

パイプをつなぐ金物はゴールド色で

チープに見えない工夫がされていたし

 

カラーコーディネートも、グリーンとグレー、ブラックとゴールドとシック

ファブリックの素材にこだわっていて、麻レースやスローも高級感がある

デザインは華美でないけど、触れるとホッとする心地よさがありました

 

 

夜のソファ周りです。う〜ん大理石のサイドテーブルも今っぽい

ちなみに、この写真を撮るために、深夜バタバタ荷物を動かして

もっとチェアはこっちとかやっているわけです笑

 

 

パイプに麻レースをかけてみると、天蓋みたいでどんな雰囲気になるかしら?とか

ベッドヘッドボードの革(精巧なフェイクかも?)が効いているな。とか

夜ぼ〜っとホテルインテリアを眺めるのが、醍醐味です

 

 

小さなサニタリールーム。ブラック&ホワイトでまとめられていますが

どの部分に、何のアイテムに、ブラックを使うかなど参考になりました

ミラーの近くにあるドライヤー、これはブラックだからいいのだなとか…

 

 

そして、北欧視察旅の全ホテルで同タイプのマットレスだったことに驚きです

ベットパットは厚めで、寝心地を良くしていました

薄いマットレスは軽いため、シーツ替えが楽だろうなと思いました

 

日本でこれをやろうとすると

ベッドフレームの高さと合わず低くなることがありますが

どのホテルも床からマットレス高さまで、GOODです

 

 

「北欧旅のブログ見てますよ!」というご連絡が続き、嬉しく思っています

現在もワールドカップをテレビで見ながら、ブログアップはラストスパートです。

まだストックホルムもネタが沢山です。どうぞ応援ください!

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

 

| Travel diary/旅行記 | 18:28 | comments(0) | -
北欧照明のエレガントさ |コペンハーゲン

 

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

北欧デザインで大事な要素”照明器具”

デンマークの2大ブランド

「ルイスポールセン 」「レクリント」の

ショールームに行ってきました

 

画像:ルイスポールセン入口

 

 

ルイスポールセンは、ショールーム兼オフィスとなっていて

各階をつなぐ階段と踊り場が展示スペースとなっています

吹抜け空間に「PHアーティチョーク」が沢山吊ってあります(わぉ!)

 

 

 

全ての商品が見れるとガイドブックにありましたが

確かに全サイズ、素材があるんじゃないかしら

 

この北欧デザイン視察で、出会ったルイスポールセンの一部を紹介

 

画像:ホテルロビーのカウンター上

 

画像:デンマーク・デザインミュージアム入口

 

街灯として壁付け照明にされている建物も多く、主張しすぎない

さりげなくて、でもエレガントで。やっぱり好きだなと思いました

 

 

続いて、レクリントです

私は比較的、ルイスポールセンを提案することが多かったのですが

今回の視察旅でレクリントのエレガントさにも気づきました

 

画像:レクリント入口

 

 

ペンダント照明の新商品「LAMELLA」も見ることができました

そして手前(右)にあるテーブルスタンド「SNOWDROP」は

新色のアンスラサイトグレーです

 

 

こちらも新商品だそうです「ARC」

初めて見るそのデザインは、ユニークだけどエレガントさも感じました

 

新素材としてシェード(傘)がペーパーのシリーズもあったりと

簡単な英語を選んでくれたスタッフの方に説明をもらえて

ホクホクでショールームを後にします

 

レクリントも町に溶けこんでいます…

 

画像:ホテル階段吹抜けにブラケット照明

 

画像:1人掛けソファ側にテーブルランプ

 

日本のルイスポールセンが開催するセミナーには

何度か参加して、北欧の光に対する考え方については聞いていました

そのセミナーで見ていた画像、聞いていた情報は置いておき

実際私が感じたことを言葉にすると何になるかな…と

帰りの飛行機で想いを巡らしてみようと思っています

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 17:24 | comments(0) | -
HAYの楽しさ|コペンハーゲン

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

コペンハーゲンのデザイン事情は

私が想像していた以上で、無理しないではいられない

ただ今、両足をアイシング中です笑

 

画像:HAY HOUSE入口

 

HAYというブランドは、ご存知の方も多いかと思います

都内のインテリアセレクトショップや、ネットでも買いやすくなりました

 

実際、都内やネットショップでも扱いがある商品も多く

せっかくきたのだから、まだ日本に入ってきてない物を探そうとしましたが…

インテリア小物(ステーショナリー含む)は、見たシリーズばかりでした

(こちらの方が2〜3割安といった感じでしょうか)

 

 

しかし、リビングセットやベッドルームのセットになる家具やファブリックは

日本で見ることが難しい品数

その組み合わせも、世界観も感じることができたのはよかった

 

 

「写真撮っていい?」とスタッフさんに聞くと

「(ははんっ)もちろん、好きに撮ってオーケーよ♪」

というカジュアルさも、このブランドに合っている

 

結局なんだかんだと買ってしまいました…笑

 

 

色のバリエーションもね、組み合わせもね、なんでも有りってことでなく

ブランドの方向性も感じることができたことが大きかった

 

でも難しいことはなく、HAYは楽しい♪それでいいのだと思います

 

画像:HAYのアウトドア家具は、町のあちこちで見ました

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

 

| - | 06:00 | comments(0) | -
コペンハーゲン|デザインホテル(1)

画像:ホテルロビー

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

北欧デザイン視察旅、2国目は

デンマークのコペンハーゲンです

 

デンマークといえば…家具ですよね

でも空港について、肌ですぐに分かりました

「家具だけじゃない、この町は見所あり過ぎるぞ」と

日頃の運動不足にムチ打って

歩き回り、自転車乗りまくりとなりそうです

 

画像:ホテルロビー

 

さて、コペンハーゲンのホテルは2ヶ所に泊まります

北欧デザイナーの家具がセットされたホテルが目当てでして

インテリアスタイルが違うので、とっても楽しみ♪

 

まずは「ホテル アレキサンドラ」うん、素敵です

ロビーから名作椅子が並んでいますが

フィンユール、ボーエ・モーエンセン、ヤコブセン…

 

画像:ホテルロビー

 

最上階のスイートルームには、ポールケアホルムの家具を中心に

レクリント照明、アートとヴィンテージ家具・小物がセットされています

 

 

 

居心地良すぎて、深夜まで起きている私ですが

やっぱりそれは照明がそうさせているんだろうな

このホテルの照明器具高さとか、勉強になります

 

 

部屋のコーナーは、1人掛けチェアと照明、アートが1セット。

どこに座っていようが、歩いていようが、目線の先に心地よいインテリアがある…

それは、日本の間取りでも応用できるテクニックでした

 

画像たくさん撮りましたので、7・8月に予定している(後日このブログで告知します)

「北欧デザイン視察旅セミナー」で解説したいと思います

 

次回のブログは、日本でも大人気!「HAY」ショップです。お楽しみに♪

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 14:44 | comments(0) | -
蚤の市でマリメッコを買う|ヘルシンキ

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

ヘルシンキ滞在中は、天気に恵まれました

この日は午前中に「ヒエタラハティのフリーマーケットへ」

数日間のステイで乗り慣れた、トラムで向かいます

 

 

観光客だけでなく、地元の老若男女問わずが来ていました

そして想像よりも小さなマーケットで、二周しても1時間もかからずでした

食器やインテリア小物は全体の1/3で、古着が多かったかな…

 

 

その中でインテリア小物というと

「イッタラ」「アラビア」「マリメッコ」のヴィンテージが目立ちます

アラビアのカップアンドソーサ。状態が良いものを見つけたんですが

帰国してから本格スタートするモデルルームコーディネートにも使えそうもないな…と断念

 

 

ウロウロして見つけたのは、ヴィンテージのマリメッコ生地でした

テーブルクロスとして使われていたようですが、シミもなく購入

さてこの生地が何に生まれ変わるか、帰国してからのお楽しみです♪

 

ブログで紹介しきれないヘルシンキのインテリアショップや、美術館、教会、そして公園。

それはいつかまとめるのかな?どうかな?ですが…

 

この夏に北欧旅をする知人カップル2組のために、注意点をあげますと

 

 

「かもめ!!」苦笑

町の上空にいて、食べ物を狙っています(アイスクリームもですよ)

テラス席で食事をする、公園のベンチでお菓子を。の時は要注意です

 

ちなみに私も見ました映画・かもめ食堂。の前も通りました

が、店のガラスに平仮名でそのまんま「かもめ食堂」って…書いてありました(苦笑)

 

 

さて最後に、ここが大事。トラムやバスに乗ることもあるでしょう

しかし画像上の1日券が手に入りにくい!

 

ヘルシンキの皆さんは、アプリで精算しているようでトラムの運転手さんも「券はない。アプリでやって」というスタンス

乗り降りに基本チェックが入らないから、タダ乗りでいいかと言えば、チェック要員の5人が抜き打ちで乗車してきますので、買いましょうね♪

それで、じゃあどこに売っているかといえば「kiosk」です。あと大きいホテルでは買えました

ガイドブックに書いてあることが、正しいとは限らないから面白いのですが、「どこで買えばいいのよ〜」と焦りました

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

 

 

 

| Travel diary/旅行記 | 00:10 | comments(0) | -
アアルトデザイン巡り|ヘルシンキ

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

アルヴァ・アアルトを知ったのは

建築を学んでいた若かりし頃

フィンランドといえば、marimekkoの前に

フィンランド=アアルトとインプットされていました

 

ヘルシンキ近くには、アアルトデザインの書店、レストランもあり

トラムを使えば、アトリエと自宅の見学もできます

(見学は時間が決まっているので、注意ください)

 

 

アアルトスタジオの2階、スタッフデスクがあるスペースは

窓からの採光が計算され、ゆったりとした雰囲気があります

 

 

どうですか、このデスク周り!

いい仕事は、集中できる環境から生まれる。ですね

 

 

スタジオ内に数多くあった「チェア69(artek)」の座を見てください

生地に切り替えしがありますが

ひざ裏の擦り切れ防止でレザーが張られていました。おしゃれ♪

 

 

1階は庭に開けた大きなスペースがありますが

ガイドさん曰く、模型を作ったり、試作品を作ったりする部屋だったそうです

 

画像上の一番奥にペンダント照明がたくさん吊っていますが…

これ全部試作品で、実際吊ってデザインを確認していたのだとか

 

 

建物だけでなく、インテリアの細部まで自身でデザインした建築家のスタジオは

この他にも、工夫がたくさんありました

 

でもブログで書ききることは難しいし

自邸のインテリアもガイドさんの説明で、知らなかったことだらけでした

アアルト愛を語るのは、7・8月のセミナーでといたしましょう

 

日本の皆さん、北欧ブログは楽しんで頂けていますか?

ただ今私は、旅先の早朝5時に起きてブログ書いています(笑)

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

 

 

| Travel diary/旅行記 | 00:17 | comments(0) | -
ヨハンナ・グリクセンの布|ヘルシンキ

 

こんにちは

インテリアデザイナーの大木です

 

ヘルシンキに来たら絶対行きたかったところ

それが「ヨハンナ・グリクセンのショップ」

 

シンプルなテキスタイルパターンは

日本でポーチなどの小物を見つけてから

その触ってみると分かる上質感に、憧れていました

 

 

日本で買ったガイドブックの住所にはなく

3ヶ月前にショップが移転され(ご注意ください)

売り場面積も広く、見やすくなったようです

(こういう時にルーターを借りていて良かったと思います)

 

こちらのショップ。ポーチやカバンなどの小物から

m売りしている生地まで、デザイナーの世界観が詰まったショップです

 

 

 

ここでブランドの紹介

デザイナー/ヨハンナ・グリクセンのテキスタイルは

選び抜かれた天然素材とシンプルで力強いパターン、織りの技術に特徴があります

丈夫でずっと使えるテキスタイルデザインとして、手に入れたい品でした

 

 

インテリアの仕事をしていると、様々な素材を組合わせ、セレクトをしますが

その中でも、上質な生地を身近に置いておき(自宅やオフィスなどの)

それに触れて暮らす毎日は、目も喜び、肌も喜ぶと思います

 

ヘルシンキに行くなら、ぜひ寄ってみてください。おススメです

 

 


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ブログランキングに参加しています
「グレー部分」をクリックして頂くと順位があがるしくみです

 

クリック

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへクリック

| Travel diary/旅行記 | 20:42 | comments(0) | -
SELECTED ENTRIES
PROFILE
インテリアコース
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT